提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU


常に新しい農業にチャレンジし、 施設栽培の進化を目指す

2024年3月22日

尾原由章さん (高知県安芸市 株式会社尾原農園)  尾原農園を訪れた2022年12月、尾原由章(よしあき)さんはハウスの横にあるパソコンが置かれたデスクで作業中だった。手に持ったスマートフォンを操作して、ハウス内の温度管理をしているという … 全文を読む>>

おいしい・栄養満点・使い勝手が良いパパイヤを日本の家庭の常備野菜へ

2024年2月26日

栁沼正一さん(茨城県那珂市 やぎぬま農園)  「酵素の王様」と称されるほど酵素を多く含み優れた機能性を持つ。ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれている。生でも煮てもどんな料理にも使える。そして何よりもおいしい。そんな良い … 全文を読む>>

「自園自醸」のワインを通じ、紫波の風土を伝えたい

2024年1月22日

半田透さん(岩手県紫波郡 株式会社紫波フルーツパーク)  紫波(しわ)町は岩手県のほぼ中心部に位置し、東は北上高地、西は奥羽山脈に挟まれ、自然に恵まれた町である。町の中央を北から南に向かって北上川が流れ、流域は稲作地帯となっていて、西部で … 全文を読む>>

ブランドの「丹波黒」で丹波篠山の農業をさらに活性化したい!

2023年12月18日

石田英正さん、石田友子さん (兵庫県丹波篠山市 農業生産法人有限会社みたけの里舎)  丹波篠山は京阪神地区に暮らす人たちにとって、おいしい作物の宝庫というイメージがある。黒豆(黒枝豆)、山の芋、丹波松茸、丹波栗、丹波茶、丹波牛、猪肉といっ … 全文を読む>>

「都市型酪農だからこそできること」心身ともに健康な牛と人を育み、地域社会の繁栄に寄与する

2023年11月14日

石田陽一さん(神奈川県伊勢原市 株式会社石田牧場)※写真中央  伊勢原市は神奈川県のほぼ中央に位置し、恵まれた自然環境と都内へ約1時間というアクセスの良さから、首都圏近郊都市としての役割を担う。この地にあって、「地域の発展とともに、日本酪 … 全文を読む>>

時代の流れを読みながら伝統の緑茶を守り抜く

2023年10月12日

川上誠一さん、川上大和さん (熊本県相良村 川上製茶)  熊本県は全国7位(2021年)の生産量を誇る有数の茶産地だ。とりわけ球磨地域は県内最大の産地で、煎茶のほかに九州特有の蒸し製玉緑茶(たまりょくちゃ=ぐり茶)も生産されている … 全文を読む>>

スイカをメインに花とニンニクも育て、通年で働く環境を実現!

2023年9月11日

杉川将登さん、杉川一二美さん (鳥取県北栄町 株式会社Agriすぎかわ)  スイカの生産では全国4位の鳥取県。県西部から中部にかけ、名峰・大山がもたらした黒ボク土壌で作られたみずみずしいスイカが全国に向けて出荷されている。株式会社Agri … 全文を読む>>

21世紀の幕開けとともに始動! 農業を起点とした交流の場をつくり、訪れた人を「農業の応援団」に

2023年8月10日

前島昭博さん(山口県山陽小野田市 株式会社花の海)  山口県西部の山陽小野田市。瀬戸内海に面した約55haもの埴生(はぶ)干拓からは、天気の良い日は関門橋を望める。この地に大型ハウスを建設し、大規模農業経営に乗り出したのが株式会社花の海の … 全文を読む>>

会社員から44歳で就農。GAPを取得して地域をまとめ、テレビCMで新しい農業会社のあり方を提唱

2023年7月14日

大平尚志さん(大平やさい株式会社 香川県観音寺市)  北西部に瀬戸内海、南には讃岐山脈が連なる観音寺市は香川県の西端に位置し、台風などの自然災害が比較的少ない地域。温暖な気候を活かし、露地野菜の生産が盛んに行われている。大平やさい株式会社 … 全文を読む>>

茶葉も人も、個性を活かしてこそ輝く。九州の山間地で多種多様なお茶づくり

2023年6月 2日

宮﨑亮さん (宮崎県五ヶ瀬町 株式会社宮﨑茶房)  「移住者の聖地になっている」「つくってないお茶はないのでは?」。九州山脈のただ中の山懐にある宮﨑茶房に、今注目が集まっている。九州は宮崎県にありながら、ここ五ヶ瀬町の平均標高は620m、 … 全文を読む>>

アーカイブ

をクリックすると開きます