提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成29年産一番茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)

2017年8月23日

●主産県の摘採面積は2万8,900haで、前年産に比べ400ha(1%)減少した。 ●主産県の生葉収穫量は12万1,100t、荒茶生産量は2万4,400tで、前年産に比べそれぞれ6,000t(5%)、1,100t(4%)減少した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)野菜の需給価格動向レポート(平成29年8月21日版)」を掲載

2017年8月22日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜の需給・価格動向レポート(平成29年8月21日版)」を公開。主要野菜の生産出荷状況、トピックとして「こまつなの需給動向について」を掲載している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

米穀安定供給確保支援機構)POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成29年7月分)を公表

2017年8月17日

米穀安定供給確保支援機構は、POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成29年7月分)を公表。特記事項は以下の通り。 (1)平均価格(税込)は、376円/kg(対前月+1円、同前年同月+26円)となり、前年同月比では21カ月連続して前年を上回っている。販売数量は56.8(kg/ … 全文を読む>>

平成28年産米の相対取引価格・数量について(平成29年7月)

2017年8月16日

農林水産省は、平成28年産米の「相対取引価格・数量(平成29年7月)」について取りまとめた。 平成29年7月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で14,469円/玄米60kg(対前月差+27円(+0.2%))、相対取引数量は、全銘柄合計で5万tとなっている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における平成29年産水稲の生育状況等について(8月14日現在)

2017年8月16日

米穀安定供給確保支援機構は、8月14日現在の、主要産地における平成29年産水稲の生育状況等(第13報)をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(タキイ種苗)「2017年度 野菜と家庭菜園に関する調査」結果を公表

2017年8月16日

タキイ種苗は、8月31日の「やさいの日」を前に全国の20歳以上の男女600名(農業関連従事者除く)を対象に、「野菜」にまつわるイメージ評価や、野菜作り(家庭菜園/ベランダ菜園)の関心度、実践状況の調査をおこなった。 ●子どもの約7割、大人の9割が「野菜好き」 ●子どもも大人も、好 … 全文を読む>>

平成28年度「北陸食料・農業・農村情勢報告」を公表

2017年8月15日

北陸農政局は、北陸地域の食料・農業・農村に関する総合的な報告書として、毎年度「北陸食料・農業・農村情勢報告」を作成・公表しているが、このたび平成28年度「北陸食料・農業・農村情勢報告」をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

全国農業システム化研究会の取り組みについて

2017年8月14日

全国農業改良普及支援協会が事務局を務める「全国農業システム化研究会」は、生産技術に関する研究活動から、農業経営、生活分野をも含めた幅広い分野での調査・研究を実施しており、今年度も各実証地域の取り組みを随時紹介している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「JAS規格原案作成マニュアル」を公表

2017年8月14日

農林水産省は、事業者や産地によるJAS規格原案の作成に資するため、「JAS規格原案作成マニュアル」を新たに策定し、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「平成29年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出実績」について

2017年8月14日

農林水産省は、財務省貿易統計の公表を受け、「平成29年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出実績」を取りまとめた。 平成20年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出額は、3,786億円、前年同期比4.5%増加となった。 農産物の輸出額は2,284億円で、対前年同期比+2 … 全文を読む>>