提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農畜産業振興機構)野菜の需給価格動向レポート(平成29年3月27日版)」「おすすめ野菜」を掲載

2017年3月28日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜の需給・価格動向レポート(平成29年3月27日版)」を公開。主要野菜の生産出荷状況、トピックとして「にらの需給動向について」を掲載している。 ▼詳細はこちらから また、平成29年4月上旬の「おすすめ野菜」として、キャベツ、なす、だいこん、を紹介。  … 全文を読む>>

アンケートを実施しています

2017年3月28日

「みんなの農業広場」では、ただ今アンケートを実施しています。 日頃よくご利用いただいているコーナーや、各ページに関するご意見等お聞かせいただればと思います。 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 アンケートはこちらから  … 全文を読む>>

平成29年産飼料用米、麦、大豆等の作付意向について(第1回中間的取組状況)

2017年3月28日

農林水産省は、本日、平成29年産主食用米、飼料用米、麦、大豆等の作付意向について、第1回中間的取組状況(平成29年2月末現在)を取りまとめた。 ●各県の主食用米の生産数量目標等の達成見込みは以下の通り。 ・自主的取組参考値までの深掘が見込まれる 30県 ・生産数量目標の達成が見込 … 全文を読む>>

農山漁村の振興に向けた優良事例の発信サイト「農山漁村ナビ」の公開について

2017年3月28日

農林水産省は、農山漁村の振興に向けた優良事例を情報発信する新たなWebサイト「農山漁村ナビ」を公開した。 「農山漁村ナビ」では、優良事例の取組内容を情報発信するほか、紹介する各地域とサイト閲覧者間の双方向のコミュニケーションを可能とするメッセージ機能等も設けることとしている。 詳 … 全文を読む>>

(トキタ種苗)2017年春、37品種の新品種がデビュー

2017年3月28日

トキタ種苗(株)は、2017年春、家庭菜園愛好家も楽しめる新品種(小袋規格のタネ27品種、 苗10品種の計37品種)を発売する。 タネは2017年1月頃~、苗は2017年4、5月に、全国の種苗店、園芸店、ホームセンター店頭に並ぶ予定。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成28年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移について(平成29年2月末現在)

2017年3月27日

農林水産省は、「平成28年産米の産地別契約・販売状況(平成29年2月末現在)」、「民間在庫の推移(平成29年2月末現在)」について取りまとめた。 ●平成29年2月末現在の全国の集荷数量は298万t、契約数量は246万t、販売数量は108万となっている。集荷数量に対する契約比率は8 … 全文を読む>>

「平成29年度 飼料需給計画」の策定について

2017年3月27日

農林水産省は、飼料需給安定法に基づき、「平成29年度 飼料需給計画」を策定した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号4月号をホームページに掲載

2017年3月27日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号4月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『伝統的な地域特産野菜の産地形成・展開と今後の課題 ~広島県産わけぎを事例として~』    (広島大学大学院生物圏科学研究科 准教授 細野賢治)  伝統的に培われてきた地域農業の技術が今存亡 … 全文を読む>>

(中央農業研究センター)「暖地・温暖地水田研究ネットワーク」ホームページを開設

2017年3月27日

農研機構 中央農業研究センターは、作物生産現場の問題点を関係者で共有し、都県はもとより、民間企業を含む研究機関との連携のもと、研究資源の集中と効果的・効率的な運用による解決を実現するため、「暖地・温暖地水田作研究ネットワーク」を設置した。 暖地・温暖地に向けた水田作研究に関心のあ … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号4月号をホームページに掲載

2017年3月27日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号4月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『中国のトウモロコシ備蓄政策改革の必要性、方向および課題 ~黒竜江省、吉林省における調査に基づく報告~』   (中国農業大学経済管理学院 陳海江、陳永福、李東陽)  中国ではトウモロコシ臨 … 全文を読む>>