提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農業技術革新工学研究センター)高能率軟弱野菜調製機を開発 -誰でも簡単にホウレンソウの調製作業ができます-

2017年10月18日

農研機構は、緊プロ事業として、平成27年度から(株)クボタ、(株)斎藤農機製作所と共同で高能率軟弱野菜調製機を開発している。 開発機は、ホウレンソウを1株ずつ供給すると、根切り及び子葉、下葉の除去の調製作業を行うもので、既存機より30~50%高能率に作業できることを目標としており … 全文を読む>>

貼り付けやすく剥がれにくい牛の乳頭保護資材を開発

2017年10月18日

乳牛の病気である乳房炎は、乳量や乳質の低下の原因となり、その経済的損失額は年間800億円と言われている。乾乳期における乳房炎の新規感染を予防するために、従来から液体状の乳頭保護資材が使われているが、前処理作業や付着後の乾燥に時間を要すること、数日で脱落してしまうことが課題であった … 全文を読む>>

(日本学術会議)『報告「気候変動に対応する育種学の課題と展開」』を公表

2017年10月13日

日本学術会議は、『日本学術会議農学委員会・育種学分科会報告「気候変動に対応する育種学の課題と展開」』をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

ニンニク周年供給のための収穫後処理技術

2017年10月12日

ニンニク周年供給のための収穫後処理技術

背景とねらい  ニンニクは10月頃に植付けが行われ、翌年6月下旬から7月に収穫されます。収穫されたニンニクは1カ月程度乾燥され、その後貯蔵されます。乾燥後のニンニクは常温貯蔵では2~3カ月で萌芽や発根が起こります。以前は、根や芽の伸長を抑制 … 全文を読む>>

縞葉枯病に強い発酵粗飼料用イネ新品種「つきすずか」-「たちすずか」の長所を受け継ぎ、欠点を改良-

2017年10月 6日

農研機構西日本農業研究センターは、牛の飼料に用いられるイネWCS用の新品種「つきすずか」を育成した。 従来品種である「たちすずか」が 縞葉枯病に弱いのに対し、「つきすずか」は 縞葉枯病に強く、「たちすずか」の栽培が困難だった関東以西の縞葉枯病多発地域でも栽培できる。 「つきすずか … 全文を読む>>

(農業電化協会)「園芸施設用ヒートポンプの普及・拡大のための課題とその改善策」を掲載

2017年9月27日

(一社)農業電化協会は、機関紙「農業電化」平成29年9月号に掲載された「園芸施設用ヒートポンプの普及・拡大のための課題とその改善策-改善策2:ヒートポンプの電力利用効率を高める制御法」をホームページに公開した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

温暖化により増加しているナシ発芽不良の主要因が、「凍害」であることを解明

2017年9月20日

農研機構と鹿児島県農業開発総合センターは、近年、九州各県で増加しているニホンナシ花芽の枯死による発芽不良の主要因が、凍害であることを明らかにした。 温暖化によって秋冬季の気温が高いと、花芽の耐凍性が十分高まらないために、冬の寒さにより凍害を受けることが分かった。また、秋冬季の肥料 … 全文を読む>>

作業の省力化と牛への負担軽減を実現できる過剰排卵誘起法を開発 -ホルモン投与が1回で済むので現場の労力も大幅削減-

2017年9月15日

農研機構、共立製薬、岐阜県畜産研究所、福岡県農林業総合試験場、家畜改良センター、福井県畜産試験場嶺南牧場の研究グループは、水酸化アルミニウムゲルを用いた卵胞刺激ホルモン(FSH)の皮下1回投与による牛の過剰排卵誘起法を開発し、共立製薬とともに牛への負担軽減、移植用の体内受精卵採取 … 全文を読む>>

農業水利施設の管理を地図上に記録して効率化 -べテラン管理者のノウハウを見える化-

2017年9月14日

農業用水路等の農業水利施設では、水路の水位観測や分水調整等の日常の維持管理を担う職員の高齢化が進み、管理ノウハウの将来への継承が困難になっている。そこで農研機構は、農業水利施設の管理ノウハウや日々の管理日誌を記録し、地図上で参照できる「水利施設管理台帳システム」を開発した。 この … 全文を読む>>

(農研機構)パンフレット「成長点局所加温とCO2施用を組み合わせたミニトマト栽培技術」を掲載

2017年9月 7日

農研機構は、技術紹介パンフレット「成長点局所加温とCO2施用を組み合わせたミニトマト栽培技術」を作成、ホームページに掲載した。 ミニトマト生産における成長点局所加温とCO2施用技術の具体的な方法について解説し、実際の生産圃場に導入した場合の効果について、とりまとめている。 詳細は … 全文を読む>>