提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


KSAS(クボタスマートアグリシステム)とは?

作業者や無線LAN搭載の農業機械から情報を収集。
農作業の見える化を実現します。
また収集した情報を分析・活用することで、根拠に基づく農業経営を支援します。


使っています、KSAS 一覧


KSASの取り組みレポート 一覧

【龍野農業改良普及センター】 組織経営体へのICT技術導入による経営改善効果の検討-KSAS対応田植え機による田植え作業(兵庫県たつの市)

2017年06月19日

 龍野農業改良普及センターでは、平成28年度から全国農業システム化研究会事業を活用し、ICTを活用したほ場管理システム(KSAS)を導入し、2年3作(稲・麦・大豆)の作付体系における収量・品質の安定化と作業の効率化を目指している。  実証農家は(株)ささ営農。ほ場ごとの特性を踏まえた作業計画や効率的な作業が困難になっていることから、これら問題の解消と、収益性の高い農業経営の実践するため、5名のオペ … 全文を読む>>