提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


シンポジウム「日本および台湾におけるミカンコミバエ種群の発生の現状および再侵入・定着防止対策に向けて」

2018年2月 5日

日時 :2月5日(月) 13:00~17:00
場所 :天文館ビジョンホール6Fホール (鹿児島県鹿児島市東千石町13-3)


内容 :農研機構 九州沖縄農業研究センターは、シンポジウム「日本および台湾におけるミカンコミバエ種群の発生の現状および再侵入・定着防止対策に向けて」を開催。
台湾の研究者を招聘して、日本に飛来するミカンコミバエの飛来源の一つと考えられている台湾におけるミカンコミバエの発生の現状を紹介するとともに、プロジェクトで実施中の研究課題の成果を紹介。これらを通して、ミカンコミバエの再侵入・定着防止対策に向けた今後の課題を論議する。定員60名(先着順)、参加費無料。1月29日(月)締切。


詳細はこちらから