提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

コラム


コラム:2013年10月


農業に気象情報を活用しよう(7)

2013年10月31日

雪害・寒波対策のための気象情報の利活用                              (株)ウェザーニューズ 梅田 治 ▼前回の『農業に気象情報を活用しよう(6)』はこちら 1.冬期の天候の特徴  施設栽培農家は、冬期に思 … 全文を読む>>

うめだ おさむ

(株)ウェザーニューズ 栽培気象グループ 気象予報士 1989年入社。予報センターなどを経て、2010年より栽培気象グループ。生産者向けコンテンツを携帯電話などで提供中。

ぐるり農政【79】

2013年10月28日

「和食」が世界のWASHOKUに                               ジャーナリスト 村田 泰夫   「和食 日本人の伝統的な食文化」が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録される見通しとなった。事前 … 全文を読む>>

むらた やすお

朝日新聞記者として経済政策や農業問題を担当後、論説委員、編集委員。定年退職後、農林漁業金融公庫理事、明治大学客員教授(農学部食料環境政策学科)を歴任。現在は「農」と「食」と「環境」問題に取り組むジャーナリスト。

青虫の足あと【76】

2013年10月23日

サイコーの贅沢こんにゃく                                     山田早織 こんにゃくって、「こんにゃく」以外のなにものでもありませんよね。 食感にしても味にしても、他に例えるものがないような... 農家の友 … 全文を読む>>

やまだ さおり

静岡県浜松市出身。フランス料理店に勤務後、23歳で起業した(有)しあわせ家族代表取締役、園芸福祉士。培養土、花苗・野菜苗の販売のほか、庭づくりや商店のディスプレー、野菜の宅配など、関心とニーズのある分野に事業とボランティアを展開中。

いま、郷土食が面白い! (4)

2013年10月17日

宮崎県民も価値をよくわかっていない「冷や汁」 農産物流通コンサルタント 山本謙治    (つづき) ■冷や汁を知ってますか?  「冷や汁」という料理をご存じですか?  宮崎県の中でも、宮崎市を中心とした一体で愛されている郷土料理の代表格。宮 … 全文を読む>>

やまもと けんじ

株式会社グッドテーブルズ代表取締役・農産物流通コンサルタント。
一次産品の商品開発のアドバイザーをする傍ら、全国の郷土食を食べ歩いている。「週刊フライデー」、「きょうの料理」、「やさい畑」などに連載を持ち、著書に「激安食品の落とし穴」(KADOKAWA)「日本の食は安すぎる」(講談社)、「実践農産物トレーサビリティ」(誠文堂新光社)などがある。ブログ「やまけんの出張食い倒れ日記」も人気が高い。

きょうも田畑でムシ話【7】

2013年10月09日

臭いのも芸のうち?――カメムシ   プチ生物研究家 谷本雄治       へえ、そんな人もいるんだあ。  まさに意外な発見だった。彼女はこう言ったのだ。 「わたしの目の前にいるとして、それがカメムシだと、どうしたら分かるんですか?」  カメ … 全文を読む>>

たにもと ゆうじ

プチ生物研究家・作家。 週末になると田畑や雑木林の周辺に出没し、てのひらサイズのムシたちとの対話を試みている。主な著書に『週末ナチュラリストのすすめ』『ご近所のムシがおもしろい!』など。自由研究もどきの飼育・観察をもとにした、児童向け作品も多い。

青虫の足あと【75】

2013年10月07日

マイキューちゃん(風)                                     山田早織 産後、友人が差し入れてくれたものの中に、「きゅうりのキューちゃん風きゅうりの佃煮」(ややこしい)が入っていた。農家であるお姑さんが、作 … 全文を読む>>

やまだ さおり

静岡県浜松市出身。フランス料理店に勤務後、23歳で起業した(有)しあわせ家族代表取締役、園芸福祉士。培養土、花苗・野菜苗の販売のほか、庭づくりや商店のディスプレー、野菜の宅配など、関心とニーズのある分野に事業とボランティアを展開中。