提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

コラム


コラム:2010年12月


青虫の足あと【42】

2010年12月28日

誰かがどこかでつながっている     山田早織 先日、りんごが届いた。 うーん?? りんごを送ってくれる青森の知り合いはいないなぁ・・・誰だろう? 差出人を見ると岐阜の陶芸家さん。 ・・・・クラフト市で知り合い、縁があって仲良くしていただい … 全文を読む>>

やまだ さおり

静岡県浜松市出身。フランス料理店に勤務後、23歳で起業した(有)しあわせ家族代表取締役、園芸福祉士。培養土、花苗・野菜苗の販売のほか、庭づくりや商店のディスプレー、野菜の宅配など、関心とニーズのある分野に事業とボランティアを展開中。

信州発 “農”と言える日本人 【21】

2010年12月22日

フィリピン視察研修に参加した(1)         高見澤勇太 視察研修参加の動機は  今の時代、世界を見て・感じて戦略を練らなければ、農業も先はないだろう。2年に1度行われる南牧村農業後継者海外研修は、そのためにも重要なものと言える。   … 全文を読む>>

たかみざわ ゆうた

1964年長野県生まれ 北佐久農業高校卒業後、すぐに家業である農家の後を継ぐ。長野県農業士協会会長(07・08年)、野菜ソムリエながの代表(08・09年) 、南牧村議会議員(07年~11年)。座右の銘は「ゆるく・楽しく・美しく」

ぐるり農政【42】

2010年12月17日

あるべき日本農業の姿は                       ジャーナリスト 村田 泰夫  TPP論議は、非生産的な非難合戦の色を濃くしている。環太平洋の一大自由貿易圏構想に乗り遅れてしまえば「日本は世界の孤児になる」として、産業界が … 全文を読む>>

むらた やすお

朝日新聞記者として経済政策や農業問題を担当後、論説委員、編集委員。定年退職後、農林漁業金融公庫理事、明治大学客員教授(農学部食料環境政策学科)を歴任。現在は「農」と「食」と「環境」問題に取り組むジャーナリスト。

青虫の足あと【41】

2010年12月02日

じゃがいもの味はなぜ違う?     山田早織 北海道に住む、学生時代の先輩が定期便を送ってくれる。 今回はじゃがいも。 初めてじゃがいもを送ってもらったときは、本当に感動した。おいしくて。 まずは、じゃがバター、シチュー(おー、北海道シ … 全文を読む>>

やまだ さおり

静岡県浜松市出身。フランス料理店に勤務後、23歳で起業した(有)しあわせ家族代表取締役、園芸福祉士。培養土、花苗・野菜苗の販売のほか、庭づくりや商店のディスプレー、野菜の宅配など、関心とニーズのある分野に事業とボランティアを展開中。