提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


大規模経営体へのICT導入による経営改善効果の検討―生育調査及びICT活用現地検討会を開催(宮城県東松島市)

2017年7月14日

大規模経営体へのICT導入による経営改善効果の検討―生育調査及びICT活用現地検討会を開催(宮城県東松島市)

 平成23年3月11日の東日本大震災の津波により壊滅的な被害を受けた宮城県東松島市。その野蒜地域で平成18年に法人化された「(有)アグリードなるせ」は、震災翌月には営農を再開。米・麦・大豆のほか子実トウモロコシや野菜などの栽培をおこなう、耕 … 全文を読む>>

収量・品質のさらなる向上を目指したICT実証調査における田植え作業を実施(岡山県赤磐市)

2017年7月12日

収量・品質のさらなる向上を目指したICT実証調査における田植え作業を実施(岡山県赤磐市)

 岡山県東備農業普及指導センターでは、平成27年度から全国農業システム化研究会ICT実証調査に取り組み、KSASの導入によるきめ細かな圃場管理を行うことで、収量・食味の改善と作業の効率化をめざした実証を行っている。  実証を担当する農家は、 … 全文を読む>>

水田圃場における加工用キャベツ安定生産のための排水対策作業を実施(富山県富山市)

2017年7月11日

 6月23日、富山県富山市にある株式会社ファニーファームの水田圃場にて、全国農業システム化研究会事業による、加工用キャベツ安定生産のための排水対策作業が行われた。  本経営体では、穀作を中心に取り組んでいたが、所得向上を図るため、水田を利用した加工用キャベツの機械化栽培の確立を目 … 全文を読む>>

ツインこまきによるスクミリンゴガイ対策と密播苗移植作業を実施(佐賀県白石町)

2017年6月28日

ツインこまきによるスクミリンゴガイ対策と密播苗移植作業を実施(佐賀県白石町)

 佐賀県は2013年産米から、苗箱の数を減らす育苗技術の普及に取り組み始めている。1箱にまく播種量を倍近く増やし、遮光シートを2重にかけることで育苗期間を1週間~10日程度短縮して作られる「短期苗(※)」は、規模拡大や、重さが1個7kgを超 … 全文を読む>>

組織経営体へのICT技術導入による経営改善効果の検討-KSAS対応田植え機による田植え作業(兵庫県たつの市)

2017年6月15日

組織経営体へのICT技術導入による経営改善効果の検討-KSAS対応田植え機による田植え作業(兵庫県たつの市)

 龍野農業改良普及センターでは、平成28年度から全国農業システム化研究会事業を活用し、ICTを活用したほ場管理システム(KSAS)を導入し、2年3作(稲・麦・大豆)の作付体系における収量・品質の安定化と作業の効率化を目指している。  実証農 … 全文を読む>>

業界初の直進キープ機能付き田植機で密播苗移植作業を実施(秋田県能代市)

2017年6月14日

業界初の直進キープ機能付き田植機で密播苗移植作業を実施(秋田県能代市)

 平成30年産米から米の生産調整が廃止されることにともない、各県では実需ニーズに対応できる低コスト稲作を推進する必要に迫られている。  秋田県でも多収性品種を導入した低コスト・省力化技術やICTを組み合わせ、30ha規模を1ユニット(田植機 … 全文を読む>>

直進キープ機能付き田植機による、密播苗の移植作業実演会を開催(岩手県雫石町)

2017年6月13日

直進キープ機能付き田植機による、密播苗の移植作業実演会を開催(岩手県雫石町)

 5月15日、岩手県雫石町の全国農業システム化研究会実証調査圃場にて、直進キープ機能付き田植機(EP8D-GS)による、密播苗の移植作業実演会が開催された。  管内では、密播苗移植栽培を試行的に導入する生産者が増えてはいるものの、栽培技術は … 全文を読む>>

「媛育71号」による密播疎植の移植作業(愛媛県宇和町)

2017年6月 8日

「媛育71号」による密播疎植の移植作業(愛媛県宇和町)

 近年の主食用米の需要減少や価格低迷により、主食用米以外への作付け転換が必要とされており、国や県では加工用米や飼料用米への生産拡大に力を入れている。  愛媛県でも同様の動きが見られ、県内の酒造メーカーでは、県育成の酒造好適米品種「しずく媛」 … 全文を読む>>

ICTを活用した水稲等の生産管理システムの構築に関する実証調査 -直進キープ田植機を使用した移植作業の実演研修会を開催(秋田県大仙市)

2017年6月 6日

ICTを活用した水稲等の生産管理システムの構築に関する実証調査 -直進キープ田植機を使用した移植作業の実演研修会を開催(秋田県大仙市)

 基幹作物である水稲は、農業従事者の高齢化等により、認定農業者や農業法人への農地集積が進んでいる。管理するほ場の増加と分散が進むことで、きめ細かな管理が難しくなり、生産性の低下が懸念されているところである。  これらの課題に対応するため、秋 … 全文を読む>>

タマネギ機械化一貫体系における収穫機と調製機等の研修会を開催(栃木県真岡市)

2017年5月31日

タマネギ機械化一貫体系における収穫機と調製機等の研修会を開催(栃木県真岡市)

 栃木県芳賀地方(真岡市、芳賀町)は、タマネギの栽培面積、出荷量ともに県内有数の産地である。しかし、栽培管理の大半が手作業で行われ、労力的負担が大きく、近年は生産者の高齢化が進んでいることから、省力化・低コスト化技術の確立が課題となっている … 全文を読む>>