提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


稲作

飼料用米の鉄コーティング直播および基肥一発施用による低コスト栽培技術の検討(長野県・平成27年度)

背景と取組みのねらい

●背景
・長野県上伊那地域は、主食用コシヒカリを基幹とする農業地域である。
・経営所得安定対策における水田活用に飼料用米(コシヒカリ)で取り組む動きが始まっている。
・飼料用米は低価格であるため、コスト低減及び収量性を高める栽培技術の確立が必要。
・平成26年度に飼料用米の品種試験を行ったところ、多収性品種「ふくおこし」の栽培特性が確認された。

●ねらい
・経営所得安定対策における水田活用の直接支払交付金の戦略作物助成を最大限活用するため、805kg/10a(地域標準単収655kg+150kg)を目標収量とする。また、収量性・経済性・省力性を把握し、当地域における鉄コーティング直播栽培導入の検討材料とする。

※水田活用の直接支払交付金では、飼料用米に取り組む場合、戦略作物助成として収量に応じた額が交付される。そのため、交付単価が最大となる地域標準収量(当地域では655kg/10a)+150kg/10aを目標収量とした。

対象場所

●長野県上伊那郡南箕輪村
2015_sys_nagano_map.jpg

(地図をクリックすると拡大します)


 南箕輪村は、長野県南部に広がる伊那谷の北部に位置し、天竜川の西岸段丘上に、天竜川に向けて緩やかな傾斜で広がった地域である。これまで、稲作を基幹とし、花き、畜産、果樹、野菜を取り入れた複合営農や酪農経営による専業的な営農形態であったが、現在では、多くの経営体が兼業形態となっている。村内農地の大半は水田であり、1区画は10~30a区画となっている。

※水田:396ha、畑:254ha、樹園地:18ha(2010年センサス)、平均気温:11.8℃、年間降水量:1425.5mm

実証した作業体系(作業名と使用機械)


2015_sys_nagano_chato.jpg

耕種概要


2015_sys_nagano_kosyugaiyo.jpg

作業別の能率と効果

1.種子コーティング作業能率と効果
 
photo1.jpg
コーティング作業


作業日:3月11日
コーティング比率:0.5

コーティング作業は容易であり、発芽率は96%となった。

●型式
コーティングマシン(KC-152)


2.播種、施肥、
除草・殺虫殺菌剤散布
能率と効果
 
photo2.jpg
播種作業の様子

photo3.jpg


播種日:5月11日
播種量:4.0kg/10a
肥料:
<実証区1・慣行区>
BB-N28(高窒素成分一発肥料)
(28-8-8)
施用量 40kg/10a
N 11.2kg/10a
<実証区2>
上伊那米オンリーワン(地域慣行一発肥料)
(15-19-12)
施用量 75kg/10a
N 11.2kg/10a
除草剤:
<実証区1・2>
オサキニ1キロ粒剤(播種同時)
  1kg/10a
<慣行区>
ドニチS1キロ粒剤(移植同時)
  1kg/10a
殺虫殺菌剤:スタウトダントツ箱粒剤
  1kg/10a

播種時の土壌がやや柔らかく、埋没する種子が散見された。設定量よりやや少なく播種されたが、影響は少なく、播種精度は高かった。
施肥量はほぼ計画通りとなった。

●型式
鉄コーティング直播専用機(WP60D-TC)
+こまきちゃん+土なかくん


3.生育状況能率と効果
 
photo4.jpg
実証区の苗立状況

photo5.jpg
 実証区1(6月29日)


播種後は埋没している種子が散見されたが、その後の水管理の徹底により、苗立率は6割以上となった。播種量が少なくなったが、苗立数は適正量を上回り、茎数・穂数を確保できた。

供試品種である「ふくおこし」は、いもち病耐性が強く、本年の気象経過では発生が確認されなかった。また、実証地域ではカメムシ等も問題にならないため、無防除とした。

実証区では、直播栽培によって出穂期の高温を避けることができた。しかし、8月下旬以降の天候不順によって登熟は停滞した。㎡たり穂数では、実証区が多くなったが、無効分げつも多かった(データ略)。


4.収穫能率と効果
 
photo6.jpg

photo7.jpg
収穫風景

収穫作業は収量コンバインを用いて行った。収穫と同時に収量・籾水分の計測を行ったが、全体を通して順調に作業を行うことができた。多肥であったが、倒伏はわずかであり、収量への影響はなかった。

●型式
6条コンバイン
(ER447SD4MW2-S50C)

(写真をクリックすると拡大します)

成果と考察

●収量・品質について
 実証区1・2において、登熟条件が悪く、くず米重が多くなったものの、目標としていた805kg/10a(玄米換算)を上回ることができた。

収量調査結果の表
2015_sys_nagano_hyo1.jpg

●作業時間・労働費について
 播種作業と移植作業の人力作業時間を比較すると、実証区1は慣行区の11%、実証区2は慣行区の44%であった(データ略)。全体の作業時間を比較すると、直播栽培は移植栽培に比べて3時間/10a以上短くなった。
 収量については直播栽培と移植栽培で大きな差がないため、生産物収入に、交付金を加えた所得の差は小さいと考えられる。
 よって、直播栽培で安定して移植栽培と同程度の収量を確保することができれば、省力化による労働負担軽減のメリットは大きいと考えられる。
 なお、延べ作業時間と標準作業労賃を用いて労働費を試算すると、直播栽培では約2,700円の労働費削減効果となった。

作業時間まとめ
2015_sys_nagano_hyo2.jpg

労働費の試算
2015_sys_nagano_hyo3.jpg

(図をクリックすると拡大します)


●総括
 今回の試験で、多収性専用品種による鉄コーティング直播、及び高窒素成分一発肥料、播種同時除草剤、殺菌殺虫剤施薬による、省力・低コスト化の実証を行うことができた。また、経営安定所得対策において、最大限の交付金を獲得できる目標収量を確保することができた。
 当地域では、異品種混入対策の観点から、コシヒカリによる飼料米生産が主体ではあるが、今後の米情勢を踏まえ、稲作農家の所得がより向上する技術として、関係機関に対して提案していきたい。

●実証年度及び担当普及センター
(平成27年度 長野県農政部農業技術課、長野県上伊那農業改良普及センター)